今週の「仮面ライダーカブト」(第8-9話)

当サイトでは仮面ライダー生誕35周年記念番組「仮面ライダーカブト」をどこよりも勝手に応援します.あらすじはこちらでご覧ください.

という訳で,体調不良で1週飛ばしてしまいましたけど,2週分まとめてお送りします.

カブトを倒そうと次々と攻撃を仕掛けるザビー。しかし、カブトは「戦う理由がない」とただかわすだけだ。それでも攻撃の手を緩めないザビー、そしてシャドウ。カブトはサブマシンガンで襲い掛かる影山(内山眞人)をやむなく打ち倒してしまう。状況を知らない加賀美(佐藤祐基)は、カブトが一方的に影山を倒したと勘違い。天道(水嶋ヒロ)に対して怒りをあらわにする。
という訳で,加賀美が天道に「もしもお前がオレの仲間を傷つけるのであれば,オレはお前を許さない」などと宣言します.つい1週前に現れた矢車に心酔し,もう2ヶ月の付き合いになる天道にこんなこと言っています.若いというか血気盛んというか,若さゆえに思い込みが激しいですね.こんな連中に地球の明日が懸かっているかと思うと心配です.ちゃんとカルシウム摂取しましょう.

そんな感じで,2週引っ張った割にあっけなくやられたワームですが,代わって天道の前に決意に燃える矢車さんがやってきます.

屈辱感でいっぱいの矢車は改めてザビーとしてカブトに勝負を挑む。今度ばかりは戦いを避けられないと悟った天道はカブトに変身。
あら,天道にしてやられた(=ワームを倒された)のがそんなに屈辱なんでしょうか?チームの隊長なのにそんな短気じゃイケマセン.やっぱり登場人物はカルシウムが足りなさそうですね.牛乳飲まないと.
やがてザビーの必殺技ライダースティングが炸裂して...。
で第8話終わり.ザビーの必殺ライダースティングが炸裂!果たしてカブトは?

...さてカブトの必殺技「ライダーキック」が単なる回し蹴りであることには触れましたが,ザビーの「ライダースティング」についても一言.まぁ左パンチなんですが,単なるパンチではないです.なんと言っても左ですから.世界を救う,文字通り黄金の左.「矢車ぁ...オレと一緒に世界を目指さないかぁ...」丹下段平が言いそうです.

続いて第9話.

ザビーが去った後、何事もなかったかのように息を吹き返す天道。
という訳で,何事もなかった我らが天道.でも矢車(ザビー)がそれを知ったら,また怒りに満ちて襲ってくるから気をつけろ!(長井秀和調)何しろ矢車さんたら,気が短いことで有名ですからね.もし天道が復活して変身したあかつきには...
そこへ天道が現れ、カブトに変身した。変身だとぉ!
いや,「だとぉ!」って言われても.
自分が倒したはずのカブトが現れたことが許せないザビー。ワームらの猛攻に圧倒されていくシャドウに目もくれず、カブトに襲い掛かっていく。
やっぱり矢車隊長短気ですね.部下を前にしたらもうちょっと冷静な方がいいですよ.「上司に恵まれなかったらオー人事」に電話されるし.

そんな怒りに満ちた矢車隊長は仮面ライダーザビーに変身する資格を失う,代わって変身するのは加賀美?そして天道とひよりの過去に何が?という訳で,第10話にしていきなりクライマックス!東映によると,「平成ライダー史上最高のドラマティックアクション巨編」ということで目が離せません.

...あ,よい子の皆はちゃんとカルシウム摂ろう(今週の標語).