書評:東野圭吾「分身」

今年になってからお気に入りであるところの東野圭吾(もちろん「白夜行」以来).10年前に出版されている「分身」を購入しました.

東野圭吾らしい上手さが炸裂していますね.

主人公二人の語り口を交互に交える章立て,極端に筆致を抑えた書きぶり,序盤からなんとなく背景を想像させつつも最後のサプライズ...著者はこの辺りで読者を惹きつける技術は抜群ですね.

そしてお約束.ラストの尻切れトンボというか,「この後どうなるんだろう?」と読者に想像させるエンディング.エピローグなんて一切なし.ある意味読後感が悪いったらない(笑).あ「白夜行」もそうか.

そんな訳で,なかなか面白かったですね.

本作は体外受精などの発生学をテーマとしています.それにしても著者は「白夜行」ではレイプを,「片思い」では性同一性障害を,そして本作では...何か性的なトラウマでもあるのでしょうか.