井筒屋のB1・九州の焼酎蔵(福岡からお届けしています)

福岡からこんにちは part.2.出張先のPCでコラムを書き溜めるシリーズ完結編.

福岡に行ったら必ず芋焼酎を買い付けます.送料が均一の一升瓶6本.

博多駅に隣接するデパート・井筒屋の地下食品売場にある「九州の焼酎蔵」が気に入っています.場所として便利な上に,若い女性店員が勢いのある接客.かつ焼酎にも詳しいので安心.

だいたい「本州では入手しにくい」「季節のものとか珍しいもの」「個性的なもの」「いろんなジャンルから適当に」という条件でオススメしてもらい,私の好みも加えて6本チョイスします.まぁ私,芋焼酎であれば麹が何であろうと,クリアだろうが臭かろうが,麦や米のブレンドであろうが,何でも飲みますからね.あと地元の人や専門の人のセレクトは尊重したいし,「これ美味しいんですよ,私は好きです」と薦められると説得力がありますよね.

本日も新酒やら芋麦ブレンドやら九州限定やら数量限定やらを大量に仕入れる私.店でも始める気?いつも1〜2本は○屋さんにお土産としてあげるんですけど.

ちなみに本日開口一番「6本薦めて」という無茶なオーダーをしたところ,女性の店員さんに「あ〜夏にも来てくれましたよね」「この間これ飲んだ?」などと私を覚えているような感じでした.

新幹線乗車間際に焼酎を一升瓶できっちり6本(2万円前後をカードで切る),京都に輸入する客ってそんなに目立ちますかお姉さん.

明日はいつも通り大阪・京都からお届けたします(しつこく「世界の車窓から」調に).ここ2日間の移動距離は1,000kmを超えていますね...新幹線の加速Gは,地球の重力に魂を引かれた30代の肉体にはきつい...