書評:東野圭吾「レイクサイド」

「レイクサイド」読了しました.

伏線の張り方と回収の仕方が上手い.リズムよく読める傑作ミステリです.

東野圭吾の作品はいろいろ伏線を張って読者にトリックを予測させつつ,その期待通りの展開とともに最後の数ページで読者を裏切るという爽快さが魅力だと思っています.

本作も途中からある程度結論は見えているのですが,最後の数ページでちょっといい話というオチで,ドロドロしたところもなく満足の読後感.良作ですね.

私にとっては東野圭吾は当たり外れがある作品で(はい本気の東野圭吾ファンは座って座って),誰もが泣けるという最近映画化されて話題の「手紙」もちょっと...でした.テーマが重過ぎるからでしょうか.

事実は消毒よりキアリー小説より奇なりというように,ただでさえ辛い現代を生きているのに,小説や映画にまで重いテーマを求めていないんですよね私.

という訳で,オレ的東野圭吾ランキングのベスト3に入るかな,と.ちなみに1位「白夜行」,2位「ゲームの名は誘拐」,3位「レイクサイド」.「毒笑小説」も好きですが.