書評:江國香織「間宮兄弟」

  • 投稿日:
  • by
「だって間宮兄弟を見てごらんよ.いまだに一緒に遊んでるじゃん」

同じ独身30代でも,女性だと「自立した大人の女」で,男性だと「結婚できない男」「何かある男」「このキモヲタが!」という風潮はどうかと思いますがいかが?マスコミの皆さん.

それはさておき,未婚の30代兄弟を描いた江國香織「間宮兄弟」を読みました.

酒造メーカー勤務で痩せぎすで几帳面な兄・明信(35歳)と小学校の校務員で太っちょでおおらかな弟・徹信(32歳)は二人暮らし.社交的でもなく,女性にモテることもなく,どちらかというとオタクっぽいと敬遠される兄弟.

…なんだか他人事でない気がする.

そんな頼りないけどいい人な二人が共に遊び(読書したりジグゾーパズルをしたりつけめんを食べたり),徹信の学校の女教師やレンタルビデオ屋のバイトのコをカレーパーティーに誘ったり,そんな日常生活を綴った小説.書評によっては恋愛小説と書かれていますが,そんなに大それたものではないですね.恋愛面で大きな盛り上がりはないし.

どこか俗人離れした兄弟を見ていると,なんだかほっとします.

江國香織という作家には風景描写の上手さは感心する一方,心理描写においてイマイチ何が言いたいか分からないという評価を下しています.しかし本作では,風景描写の巧みさにより季節が感じられ,かつ兄弟の言動を淡々と語る口調によりかえって面白味があり,著者の文体がいい方向に作用しているようです.著者の本で初めて共感できましたよ.

30過ぎて独身でも結構楽しいじゃん,と思わせてくれる話.これを読んで,たまには兄弟姉妹と酒でも飲む気になるのもいいかも.


…と好意的な書評を書いてから,女性の視点ではどうなんだろうと考えました.オタクっぽい間宮兄弟を見て恋愛対象として共感する女性はいるのでしょうか.

うがった見方をすると「いい人だけど恋愛対象外」,もっと言うと「いい人だけど私とは関係ないところで幸せになってほしい」という江國香織のセレブ的所感がこめられているような気がします.うがちすぎかもしれませんが,すかんたらしい.