書評:石田衣良「美丘」

»石田衣良「美丘」

美丘

書評:石田衣良他「Love Letter」というエントリで書いた作品のスピンアウトな本です.ヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)によるクロイツフェルト・ヤコブ病をテーマにした恋愛小説.

…難病モノって難しいですね.

病気を軽く見るつもりはありませんが,お涙頂戴という色が濃いかもしれません.,オチも軽くてそこまで強い読後感はない.

たとえば,彼女(美丘)が死の間際で苦しむときに主人公が彼女の呼吸器を外すとか,そういったクライマックスに乏しいのが残念.

淡々としすぎていて,感情移入ができないのが微妙なところ.「Love Letter」のように短篇小説で書いている具合がいいのかもしれません.いい話なんだけどなぁ.