奈良国立博物館「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」

仏像フェチの愛人に影響されて仏像好きになりつつあるmixvoxさん,連休を利用して愛人と一緒に奈良国立博物館「西国三十三所 観音霊場の祈りと美」に行ってきましたよ.

奈良国立博物館1

博物館の前の池で涼をとる仔鹿たち.かわいすぎる...

奈良国立博物館1

池には水連が咲いていました.ちょっと遠い.展示を観た帰りには閉じていましたが,代わりに鴨が寄り添っていました.水連の花+鴨だったらイイ絵になりますね.


さて,展覧会は非常に面白かったです.面白かったのが,こちらにもある岐阜・華厳寺の毘沙門天立像.毘沙門天というと怒髪天を衝いたような頭(兜?),スマートなスタイルのイメージがありましたが,こちらは「プクー」と言わんばかりの丸顔.兜も特徴的でした.

愛人と「西国三十三所,全部回ってみるかー」なんて話をしていたのですが,これまで経験したのは愛人10ヶ所くらい,私は5ヶ所くらい.岐阜とか那智勝浦とか姫路の奥の方が大変そうです.


国立博物館の後は,バスを乗り継いで海龍王寺に行ってみました.海龍王って一歩間違うと中二病全開ですね.

海龍王寺1
海龍王寺2

十一面観音が素敵でした.

采女祭

帰りの近鉄奈良駅前では,采女祭なるものの行列の真っ最中.車で運ばれる采女の方々はとても綺麗でした(写真は後ろ向きですが).


今回の奈良行きで分かったことリスト.

奈良方面のチケットは種類多すぎ.

奈良・斑鳩1dayチケットの種類も多いけど,フリーエリア外も結構多い.たとえば京都市営地下鉄は使えるけど市バスはダメとか.帯に短し襷に長し.

・近鉄奈良駅からのバスは時間が読めない.逆方向は流れている.西大寺を基点にした方がよいのかも?

・愛人は油断すると寺に行きたがるので,御朱印帳は常に携行する必要がある模様.


次は浄瑠璃寺に行ってみたいです.一応京都府内だけど,奈良からの方が近いという場所.