万座毛(沖縄秋の陣2008篇・その8)

沖縄最終日(有休取得した).タクシーで美ら海水族館に行くことにしました.タクシーにするか観光バスにするか,いっそレンタカーにするか考えましたが,結局タクシーにしました.

今回お願いした運転手さんは,冬に来たときにもお世話になった方です.非常に親切丁寧にガイドしてくださるし,もともと内地の方ということで気が合ったので,観光バスやレンタカーと比べると費用はかかりますが,お願いすることにしました.

ちなみにお値段は,稼動1時間分ほどおまけしていただいて那覇市内→美ら海→那覇空港の8時間コースで2万円強.団体行動が苦手なので観光バスは敬遠したいし,ペーパードライバーなのにゴールドという私が車を運転するのは危険だし...観光ガイドつきと思えば悪くないでしょう.

ということで,美ら海水族館に行く途中,恩納(おんな)村にある万座毛へ立ち寄りました.

万座毛1

切り立ったこの崖が有名ですが,名前の由来は時の琉球国王が「万人が座れる原っぱ」と称したことからだそうです.原っぱの方がメインなんですね.

万座毛2

水の色がとても綺麗でした...良い子の諸君!沖縄の海はいいな!海が青いことを私達に教えてくれる(AA略

万座毛3

朝9時半頃でしたが,観光バスがいっぱい.沖縄でこれだけの観光客を見たのは初めてでした.