紀三井寺と和歌山城(和歌山&奈良ツアー・その1)

GWを利用して,和歌山と奈良に2泊3日で旅行に行ってきました.

なぜ和歌山かというと,紀三井寺と粉河寺に行ってみたかったから.あと,たま駅長.奈良には頻繁に行くけど,一度泊まってみたかったから.というのはすべて愛人の希望(←結婚もしていないのに尻に敷かれているようです).いや私も行きたいけど.ということで近場の関西を回ってきました.

南海電車で和歌山へ,まずは紀三井寺から.

紀三井寺

紀三井寺は通称.正式名称は紀三井山金剛宝寺護国院.紀三井というのは山号なのですね.滋賀の三井寺同様,三つの井戸に由来する名前のようです.

紀三井寺1

写真の楼門は重要文化財.楼門から本堂方面への石段が急で長いので,ちょっと疲れる...

紀三井寺2

多宝塔も重文.しかし修復は比較的最近で,ぱっと見はペンキぬりたて.

紀三井寺3

なんか『神聖モテモテ王国』のファーザーに似ていたので撮ったw

2008年に開眼された大千手十一面観世音菩薩がありました.総金箔仕上げで木像としては国内最大(→関連情報).その塔の上は展望台になっており,和歌山市周辺が一望できます.

紀三井寺4
紀三井寺5

和歌山駅から二駅と中心部にほど近く,また駅から近くて極端に広くなく,参拝しやすい寺という印象でした.花もありましたが,やはり桜が見たいところでした.


和歌山城公園

続いて和歌山駅に戻り,和歌山城公園へ.豊臣秀長がゆかりで,御三家の城です.私の好きな藤堂高虎の縄張り.

和歌山城1

伏虎.猫にも見える.

二の丸跡の庭園には,芝生に多数のハトが.猫や犬やハトを見かけたら挨拶するのが私と愛人の掟.公園内には多数の野鳥がいるようです.ヒヨドリは見かけた.

和歌山城2

和歌山城3

つつじが綺麗でした...

和歌山城

最後に天守閣.中では紀伊藩の資料が見られます.なお今回分かったことは,鎧・甲冑は誰のものか分からないと,刀は刃が見えないとイマイチ萌えないということです.浅野家が治めてた頃の資料はないしなー.

それはさておき和歌山城公園はいい感じでした.近くにあったら散歩したい場所.花は多いし野鳥はいるしで,散策にいいでしょうね.美術館も博物館も動物園も同居しているし,楽しそう(動物園に行けなかったのが心残り).


移動に時間がかかったので,初日は軽めに終了.

(この項続く...)