これからブログ始める人 /始めて間もない人に贈るblog術

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

twitterでお題を頂いたblog術,一口乗らせて頂きます.

R-style » 「あなたのBlog術教えて下さい!」企画

私は現在のドメインのblogにしてから5年,それ以前も少々,個人サイトは10年以上やっている人間.twitterやSNSの発展でblogが飽きられているとか言うけれど,個人的にはまだまだパワーを持っているメディアだと思っています.もっと多くの人にblogを書いてほしいとも.

ということで,企画に乗ってこれからブログ始める人 /始めて間もない人に贈るblog術を私なりに.偉そうに語るつもりもないので,私個人が気をつけていることを中心に語ろうかと思います.

1. 読んだ人への「ちょっとしたお土産」を意識する

ライフハック,レシピ,身体を張ったお笑いネタ,その筋からの情報…読んだ人が「タメになった」「くすりと笑った」,なんでもいいけど,読んでくれた人への「ちょっとしたお土産」を意識して書くことが大事ではないかと思います.それがblogとしての記事の価値に,ひいてはリピーターに繋がるのではないでしょうか.

逆に今日何食べた,ネイルをしたという個人的日記はつまらない.多数ファンがいる芸能人ならともかく素人だとね.それくらいなら「○○という店で食べたカツ丼が美味しかった,住所はココ!」とか「自宅でネイルを塗ったとき,この製品ではノリが悪かった」の方が情報として価値があると思います.

2. ネタは意外と転がっている

「情報の価値」というと何やら専門家のように聞こえますかそうですか.あなたが普通のサラリーマンや主婦だとしても,日常生活の中で結構な情報をお持ちではないでしょうか.読んで感銘を受けた本の感想,昨日作って家族に好評だったレシピ,近所の美術館や博物館にお安く入る方法,通勤電車で最適な乗換方法,猛暑を快適に過ごす方法,こんなところにいるはずもないのにな桜木町など.

例えば,私の個人blogの中から人気を博した超日常生活からのネタ.

学生が引越しの際にやらなくてはならないこと+6つの補足
twitterでフォローしていない非公開(鍵付き)ユーザーのリプライは見えない
鬼混みの観光シーズンの京都駅で快適にタクシーに乗る方法

意外と日常ネタが人気だったりします.

3. ネタを思いついたらメモ&下書き

思いついたらメモ.これ大事ですね.ボツネタでもいいからメモ.

私は以前はノートやケータイのメモ機能,iPhone持った現在ではEvernoteを使ってメモしています.通勤で電車に乗っている時間が50分くらいと長いので,メモどころか記事2-3本の下書きができるときも.本当に便利です.

4. ネタを絞りすぎない

「特定のテーマに沿って書きましょう」とはSEOやアフィリエイトの本に載っていることですが,個人的には気にしすぎなくてよいと思っています.テーマを絞りすぎると,ブロガー個人に対する興味を失うし,人間味を感じないから.この辺りは以前書いたエントリーをご参照ください.

なぜ私は特定ジャンルに注力したエントリーを書かないか(ブログ論)

5. セキュリティとかコンプライアンスの視点でやっておきたいこと

本業がITとセキュリティのコンサルタントなので,blogに関する禁則事項を列挙しておきます.

・ブロガー自身を特定する個人情報を載せない
・家族を特定される情報を載せない
・職場を特定する情報や写真を載せない
・仕事上知り得た情報を載せない
・他者のプライバシーや著作権を侵害する写真を載せない
・自分や親族の子供の写真を載せない

意外と最後の「子供の写真」って甘い人多いけど,本気出せば特定できるよね…

上記のすべてをNoとは言いません.匿名ではなく本名を明記したいというブロガーもいることでしょう.ただ,それには覚悟が必要ですよ,ということ.

なおblogにおける著作権の扱いについては,以下の本が詳しいのでご参考までに(参考:書評:牧野和夫,西村博之「2ちゃんねるで学ぶ著作権」).

6. blogを続けること

今までの内容をすべてちゃぶ台返しするようですが,最も大事なことはblogを続けること.長い間続けるうちに,嫌なことも楽しいこともたくさん見えてきます.

だからアクセスが思ったより集まらなくても,コメントが少なくても逆に炎上しようとも,blogを続けてください.上記のような情報の価値なんかにこだわらなくてもいい.ゆっくりでいいから,更新を続けましょう.きっと,あなたの生活を楽しくしてくれると思います.そんなに楽しくなくても学ぶこともあるでしょう.だから1年2年と続けてみてください.付き合い方が分かります.

Keep on blogging.(ネタフルさんの本をマネしたw)