よしながふみ『愛がなくても喰ってゆけます。』に登場する銀座ピエール・マルコリーニのチョコレートパフェを食べるオフ会

よしながふみのグルメエッセイ『愛がなくても喰ってゆけます。』(→書評)に唯一甘いものとして登場するピエール・マルコリーニ銀座のチョコレートパフェ。そのパフェを食べて即時解散するというtwitterオフ会が開催されたので,東京出張を機に参加してみました。

ピエール・マルコリーニ銀座店

銀座のど真ん中!はたしてどんなチョコレートパフェが出てくるのか?詳細は以下から。

6人で押しかけたのですが,平日の夜ということもありスムーズに座れました。劇中にあったように休日は並ぶの覚悟のようです。

さてメニューを広げると,どれも美味しいそう!ケーキやエクレアが一部売り切れていましたが,パフェは残っていました(売り切れることもあるらしい)。悩んだ末に,劇中と同じように定番マルコリーニ チョコレートパフェ1,680円と紅茶のポウチキネブレンド945円をオーダーしました。

マルコリーニ チョコレートパフェ1

これがマルコリーニ チョコレートパフェ!正面のチョコレートアイスの照りを見よ!

マルコリーニ チョコレートパフェ2

裏からどーん!チョコレートムースです。

さてチョコレートのアイスをひとたび口に含むと...それはチョコレートの塊。濃厚なカカオとふんわりした甘さに言葉を失うレベルです。背面のチョコレートムースもまたなめらか,かつ濃厚!人生でこんなに美味しいチョコレートを一気に食べるのは初めてかも!

マルコリーニ キャラメルパフェ

同行者の一人のキャラメルパフェ。お好みで別添の塩をつけて食べるという代物。ちょっともらったけど美味しかった。

ポウチキネブレンド

紅茶のポウチキネブレンド(チョコレート付)。これが美味しい。アッサムティーと中国茶のブレンドと書いてあったけど,詳細は不明。ちょっと衝撃を受けるくらい美味しかった。香りと渋味がチョコレートを流してくれて...チョコレートが嫌いな人でも,この紅茶を飲むためだけに訪問するのはアリではないでしょうか。

そんなこんなで,「皆衝撃を受けながら無口でひたすら食べ続ける」という静かなオフ会でした。「美味しいものを食べるのに説明はいらない」という名言が飛び出す始末。

なお,お店は2,3階がカフェ,1階はチョコレートとアイスが買えます。愛人へのお土産(買わないと怒られるから)にチョコレートの詰め合わせ2点買って配送を頼んだら6,000円近いという価格帯ですが,週末に届くのが楽しみです。

いいもん食べたー!

高級チョコレート - ベルギーチョコレート ピエールマルコリーニ(Pierre Marcolini)