灼熱の京都で太秦のインドカレーDAL-MASALA(ダル・マサラ)に行ってきた!

こんにちは!宵山の本日はこの夏一番の暑さ!mixvoxです。

さて、久しぶりに広隆寺に行って仏像を満喫してきたました。その帰りに大映通り商店街を帷子ノ辻方面に歩き、DAL-MASALA(ダル・マサラ)というカレー屋に行ってきました。夏はカレー!

こんなブルーの看板が目印。創作インド料理とありますね。

こちらが入口。入口は狭いですが中は2Fもあり意外と広め。うなぎの寝床というか、町家を改装したのでしょうか。

ランチはお子様メニューを合わせると4種類だったでしょうか。Aランチ850円とBランチ1,000円を頼んでみました。いずれもドリンク付き。

サラダとスープ。スープはやや冷たくてスパイシー。サラダの上に載っている豆?が特徴的な味と食感です。

カレー。奥がAランチ(カレー1種類)、手前がBランチ(カレー2種類+タンドリーチキン)。カレーにはライスとロティがつきます。ロティは全粒粉のパンで、ナンより硬くてもっちり。もちろん普通のナンも選べますよー!

これは日替わりカレーのゴーヤとじゃがいものカレー。水分少なめでカレー味の炒めもの...?という感じですが、濃厚なロティの味に合います。ロティもナンも小麦の味が濃くて甘くて本当に美味しい!

というより、こんなに美味しいナンを食べたの初めて!ってレベルです。京都でインド料理屋たくさん食べたけど、ナンが一番美味しいのはこの店ではないかと!この店やりよる!

ドリンク付きなので、最後はラッシーとアイスチャイ。どちらも濃厚。私はチャイを頂きましたが、ちゃんと煮たてたチャイの味でした。たまーに、アイスだと適当な味のチャイ作る店あるけどそんなことなかったですね。

ということで味もコストパフォーマンスも文句なし!標準ではあまり辛くないのも、辛いの苦手な人間としては嬉しいです。

個人的には京都No.1のインド料理屋は寺町高辻のアジャンタだと長く思ってきましたが、そこに割って入るレベルです。1年半ほど前にオープンしたお店とのことですが、これはいい店に出会いました。

お酒もいけるようだし、またゆっくり行きたい!ごちそうさまでした!

Posted from するぷろ for iPhone.