結婚ライフハック -改姓の手続ポイント-

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

半年ほど前の入籍を振り返る、結婚ライフハックシリーズ。私は結局苗字を変えてないんだけど(変えてもよかったけど)、妻が改姓した際の話。

結婚して苗字が変わる際に届けるところってだいたい以下でしょうか。住民票とか印鑑登録証とか役所系は完了しているものとします。ていうか妻は実印登録していなかったはず。

  • 運転免許
  • 銀行
  • 健康保険
  • 生命・医療保険
  • 郵便(ただこれは住所変更時の転送でだいたいなんとかなるような)
  • 資格(主に氏名や本籍地の登録が必要な国家試験系...って限られるな)

手続の優先順位は?

Twitterで教わりましたが、健康保険や銀行は早く届けた方がいいらしいです。前者は急な病気などで通院の際に必要です。銀行は(勤め人の場合)給与口座に影響を及ぼしかねないので、なるはやで変更した方がいいとか。

私がTLで聞いた話だと、「入籍→住民票取得→運転免許証の三連コンボをしかけて、銀行と健康保険を急ぐべき」というご意見でした。

改姓を前提に、そもそも印鑑(実印)はどんな名前で作るべき?

男性たる私は姓と姓名で印鑑作ってますが、苗字変わったらどうなんでしょう。法的根拠はさておき、戸籍と違う姓の印鑑ってイマイチですよね?って聞いたらTLで教えてくれましたよ。

「下の名前で実印作る」

名古屋界隈から複数の声を頂きました。おお...なるほど...ちょっと世知辛いかもしれないけれど、あまり変わることのない下の名前で作るのは手ですね。

私の場合、成人祝いに両親からフルネームの印鑑をもらいました。が、これだけ離婚の多い世の中、下の名前で作った印鑑というのも気遣いのひとつかもしれませんね。

弁護士が教える本当は怖いハンコの話 (祥伝社黄金文庫)
木山 泰嗣
祥伝社
売り上げランキング: 319,784