予告:「はらへりあらたの京都めし」聖地巡礼やります

グルメマンガは好きですが、最近のブームには少々辟易していました。が、そんなタイミングに現れたこの本はつい買ってしまいました。魚田南『はらへりあらたの京都めし (Feelコミックス)』。


本書の何がすごいって、京都をターゲットとしながら観光客をまったく相手にしていないところです。よそさん向けの和食なんてなし。観光本に載るような店は出町ふたばの豆大福くらいではないでしょうか。他は京都の地元民が行く店ばかりという印象です。半分くらい知っている店(とは行ったことあるのは1/3くらい?)。1話目からして知ってる店で呼んでて驚きました。チョイスが実に素晴らしい。

まーぶっちゃけ、観光の方がこれを読んでもグルメの参考にはならないんじゃないでしょうか(適当)。肌感覚ではありますが、地元民からの評価はとても高いです。他は知らない。

ということで、本書の地元密着ぶりに感動いたしましたので聖地巡礼をしてみたいと思います。聖地巡礼といっても市内が中心なので行きやすくていいですね!

聖地巡礼の結果は行く都度に記事をアップデートしていきますのでよろしくお願いします。