レシピ:『きのう何たべた?』のかんたんピクルス

今年初の投稿。喪中により新年の祝詞は省略。

今年こそBlogをちゃんと書くぞーと言いながら早幾年。そろそろ私にとってBlogというメディアは生活スタイル的に限界なのかしら。もっとiPhoneから書けば変わるのかしら。などと思いながら自分の日記的に書き留めておきましょう。今年は改めてレシピや書評をがんばりたいですね、備忘録として。

さて本年1発目は『きのう何食べた?』6巻#47に掲載の即席ピクルスです。弁護士のシロさんが依頼人から和牛サーロイン極上霜降肉をいただいた回で、ステーキの付け合わせにピクルスを作っていました。和牛ステーキなど再現はできませんが(そもそも和牛ってあんまり好きじゃない)、ピクルスは正月用に作ったので再現します。

IMG_6714.jpg

ほぼ作中のレシピ通りに作りました。

  1. ヘタと種を取ったパプリカ赤・黄1個ずつ、玉ねぎ1個、かぶ2個を一口大に切る。
  2. オリーブオイル大さじ1(※作中ではサラダ油でしたが我が家にはないので代用)、水100cc、白ワイン100cc(料理酒でもいいらしい)、ドレッシングビネガー100cc(普通の酢でもいいらしい)、塩小さじ2-3、砂糖大さじ3、にんにく1かけの輪切り、あればローレル1枚、あれば黒こしょう粒少々を鍋に入れて強火にかける。
  3. 煮立ったら弱火で約2分間煮立たせて、野菜にぶっかける。
  4. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

簡単ピクルス

白ワインでも料理酒でも、ドレッシングビネガーでも酢でもということで結構おおざっぱな料理です。塩の分量の幅は料理酒を使ったとき用でしょうか。個人的には砂糖大さじ3は結構甘くなる印象ですので、少し減らしてもいいと思います。キリッと仕上げるなら鷹の爪も入れたいところですね。

作中で「かぶの皮は剥かなくていい」とあります。これは好みや野菜の鮮度の問題かもしれませんが、最近無農薬のかぶを入手できることが多く、このピクルス以外にも皮は剥かずに調理することが多いです。冬のかぶは甘いしね。

かぶを使った料理が増えてきて、京都人らしくなってきたかと思う京都在住十数年目の今日この頃。

きのう何食べた?(6) (モーニング KC)
よしなが ふみ
講談社 (2012-05-23)