妻の入院時に持ち込んだお役立ちリスト2015

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

そろそろ2015年も終わるしblogに書いておくか。

実は今年,妻が1ヶ月ほど入院して手術を受けておりました。もうすっかり元気になっているし再発する類のものではないのです。とはいえ病が発覚したときには2人ともは大変。いやー手術が無事に成功して,予定通り退院できて,元気になって本当によかったです。

ということで,この記事では妻の入院生活を振り返り,病院に持ち込んで役に立った物品のリストを書いてみるライフハック的な記事です。将来自分たちが再度必要になるかもしれないし,もし入院を予定している人やその家族が本稿を読んで何かの役に立てれば幸いです(長文注意)。

0. 前提

大前提として我が家は共働き・子供なしです。また,妻の入院生活はだいたいこんな感じでした。

  • 入院予定期間:3~4週間
  • 手術:入院翌日に外科手術
  • 術後2-3日:全身麻酔の影響もあり,やや意識朦朧。移動は車椅子。
  • 術後1週:車椅子から歩行器に移行。
  • 術後10日前後:完全自力歩行。食欲も正常。暇を持て余し始める。
  • 術後約4週:無事退院。

病状はあまり書きませんが,見てる私が不安になるくらい順調な回復を遂げました。寝たきり期間がもう少しあるのかなと思っていました。手術箇所や医師の方針もあると思います。

とりあえずこんな前提条件で,手術後に比較的順調に回復しながら約1ヶ月間を病院で過ごした例について「あってよかったもの」を説明したいと思います。

1. iPhone with イヤホン

夫である私との各種連絡の他,WebブラウジングやYou Tubeなど暇つぶしに必須。イヤホンも忘れずに。

なお携帯電話については通話エリアが指定されているだけで,持ち込みは正式に許可されていました。入院患者に携帯電話持ち込むなって言うのは今時無理ですよね。ナースセンターでの取次とか,看護師さん達の余計な仕事も増えそうですしね。

2. モバイルルーターのレンタルサービス

そうはいっても動画閲覧をすべて4G/3Gではまかなえない。WiFiがベッドまで届くか分からない。ということで,レンタルサービスを利用することにしました。私が利用したサービスは以下。
WiFiレンタル屋さん

比較サイトなどでいくつか見比べた結果,こちらの「イー・モバイル GL06P【14泊15日以上~1ヶ月レンタル】」というプランに。当時は税込7,290円でしたが,現在は6,750円まで下がっていますね。選定ポイントは以下の通り,入院期間が前後しても対応できることでした。

  • 連絡すれば同じ端末を貸出延長してくれるので,入院期間が延びても問題ない
  • 純粋に貸出期間のみで課金(※月をまたぐと別料金になるサービスもある)
  • レターパックで返却できるので楽

なお通信速度は下り最大75Mbpsということですが,入院日に計測したら20-30Mbpsは出ていた記憶があります。旧イーモバイルを使っていたから,繋がりやすさに安心感があったのでY-mobileにしました。

3. Kindle Paperwhite

iPad miniの購入に伴い使わなくなっていたKindle Paperwhiteを妻にあげました。妻は私のアカウントで保持しているマンガや小説の類を暇つぶしに読んでいました。下記のマンガほどではないですけど。

なお,私保有のiPad miniを貸す,あるいはiPad/iPad miniを中古で買うことも考えましたが,盗難の恐れがあることから断念しました。病院の物理セキュリティって結構ザルで,盗難も多いようですからね...妻の場合,手術を受けてどれくらい動けないか想定できなかったし,病室のテーブルにある施錠スペースが結構手狭だったんですよね。病室の詳細な環境って入院してみないと分からないから少し不便でしたね。

4. マンガのレンタルサービス

DMM.comコミックレンタルを時々利用して自宅で読んでいる夫婦ですが,入院時にも役立ちました。ドラゴンボール全42巻などを楽しんでいましたね。ええ,自宅から手で運びましたよ。ナースセンターを宛先にしてもよかったけど,看護師さん達の手を煩わせるのは気が引けて。

5. お見舞いのマンガ各作品の第1巻

お見舞い品にマンガ各作品の第1巻「だけ」を持ってきてくれた妻の友達がいて,本当にありがたかったです。気に入ったら続きを買いに行けばいいし,そこまで気に入らなくても暇つぶしにはなるし贈った方も気にならない価格。ある程度好みが知れている仲であれば,マンガ第1巻はお見舞いに適したソリューションではないでしょうか。

なお,お見舞いでいただいた中で我が家でとても気に入り全巻揃えたのは『鬼灯の冷徹』と『月刊少女野崎くん』です。

鬼灯の冷徹 壱 (モーニングコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 3,586
月刊少女野崎くん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
スクウェア・エニックス (2014-07-22)
売り上げランキング: 2,392

6. ウエットティッシュ

夏場だったこともありますが,手を拭いたり汗を拭いたりテーブルを拭いたりと何かと役立ちました。ベッドで寝たきり座りきりを想定すると,手の届くところに置いてあるといいかも。病院付属のコンビニで買えると思います。

7. 扇子

これも夏場のアイテム。入院期間中に2度部屋を移りましたが,病室やベッドの位置(窓際なのかドア側なのか)によって結構体感温度が変わりました。扇子といわず,体感温度を調整できるアイテムがあるとよいかと。

8. 生理用ナプキン

この話題に男が触れるなと言われるかもしれませんが,書かない訳にはいきません。月経周期を28日間とすると,1ヶ月間の入院で1回ないしは2回は月経と重なります。妻の場合,入院直前に終了した→手術→術後3日後に実は終わってなくて出血,なんてことになりました。全身麻酔や手術の影響,あるいは慣れない環境のストレスなのでしょうか。普段ほぼ正確に28日周期を刻む妻は入院中に2回目の月経を迎い,手持ちが足りなくなったので私がナプキンを買いに行くことに。多少スケジュールが乱れても慌てない準備が必要だと痛感しました。

...ここまで書いておいてなんですが,このあたりのライフハックは女性にとっては当然かもしれません。が,この情報は男性にこそ伝えたいポイント。付添の男性が慌てないように,普段使用している製品,自宅での保管場所などは男性側も知っておくべきなのではないかと思います(ちなみに我が家はこの辺とてもオープン)。

番外篇:入院前に用意したけどそんなに使わなかったアイテム

身体拭きシート...介護とかで使うやつ。術後にしばらく風呂入れないことを想定していたのですが,看護師さんが病室で丁寧に身体を拭いたりシャンプーしてくれたり,また術後1週間でシャワーを浴びられるようになったので,結局あまり使いませんでした。もちろん結果論。

番外篇:妻が入院するとき夫側が持っていた方がいいもの

もちろん症状や入院期間,家族構成などにもよりますが一般論として。

  • 勤務先の理解
  • 有給休暇
  • フレックスタイム制度,もしくは直行直帰できる職場環境
  • リモートワークできる環境
  • 1人でも家を荒らさない家事スキル

手術前の同意,入院や手術の立ち会いなど,配偶者にも意外とやらないといけないことはあります。あとは着替えや不足物を持って行くための見舞いとか。病院の面会時間はだいたい18時とか19時までとかですから,毎日通おうと思ったら早めに帰る必要があります。私は職場の理解を得られたし,比較的融通が利く仕事をしているため,うまく調整して毎日通うことができました。こればかりは勤務先や上司同僚に本当に感謝しています。有給休暇はだいぶなくなったけどね。

また,私は通常の有休だけでなく,介護休暇の取得も検討していました。結局要件に合わなかったので普通の有休消化となった訳ですが,この辺は勤務先でどのような休暇・休職制度があるかを事前に確認しておいた方がいいかと思います。現職5年目にして,就業規則をこれだけ真剣に読んだのは初めてでした。

終わりに

妻と私のたった1回の経験をもって一般論として主語を大きくして語るつもりはありません。将来自分たちが再度入院することになった際に備えた備忘録でもありますが,愛する家族がまさかの入院...という方の不安を少しでも取り去ることができたら幸いです。