タグ「キャベツ」が付けられているもの

よしながふみ『きのう何食べた?』に出てくる料理を再現するシリーズ。今回は第1巻(第5話)に登場するキャベツとベーコンの煮びたしをご紹介します。分量と作り方はマンガにならいました。

キャベツとベーコンの煮びたし1

北森鴻さんの小説・香菜里屋シリーズの料理を再現.今回はシリーズ2作目『桜宵』より,表題作に登場するキャベツとウインナーのグラタン仕立て.

「たっぷりの春キャベツとウインナーを,グラタン風に仕上げてみました」(P.95)

春キャベツというには季節が違うけれど,とりあえず作ってみました.細かいことは書いていないので想像で.

レシピ:秋キャベツのカレー風味サラダ

にんじんのナムルに続く常備菜メニュー.近所の飲み屋のおばんざいメニュー・秋キャベツのカレー風味サラダをリスペクトしました.

----
1. キャベツの葉を手で一口大にちぎる.

2. キャベツを熱湯にくぐらせるか,電子レンジで加熱する.

3. 固く(ここ重要)水気を絞ったキャベツ,千切りにし下ごしらえしたにんじん(レシピ:にんじんのナムル参照),米酢少々,塩少々,マヨネーズ適量,カレー粉少々を和える.

4. 器に盛り,一味唐辛子を振って完成.

秋キャベツのカレー風味サラダ

----

近所の飲み屋ではキャベツを粗めの千切りにしていましたが,私は手でちぎりました.葉野菜は包丁より手仕事の方が好き.

味のポイントは仕上げの一味唐辛子です.マヨネーズにより味がマイルドに,悪くいうと味がぼけてしまうので,アクセントとして一味唐辛子を振りました.黒胡椒,パプリカ粉などでもいいかもしれません.

キャベツの水気をきちんと絞っておけば,これまた3~4日程度保ちますので,常備菜としてどうぞ.元のレシピではソーセージが入っていました.ボリュームをお好みでしたらお試しください.

レシピ:キャベツの塩もみ

最近,料理がどんどんシンプルになっています.三杯酢であえるだけとか,塩で焼くだけとか...

味付けだけでなく材料も.煮物を作るときにもごった煮にせず,材料を絞り込んで料理するようになりました.たとえば豚の角煮を作る際には,以前ならば大根やゆで卵を入れていたのですが,最近では豚のみ.野菜は別で取る.

何かを悟ったようにシンプルな料理を追求している最近です.まぁきちんと品数を作るようになったというのも大きいですがね.

最近,自分の内心と見つめ合う時間=料理となりつつあります.昔は歌うとか絵を描くとかだったんですけど,どっちも最近はやっていないので,料理するときが自分と対話する数少ない時間となっています.最近の料理のシンプルさも内心を反映しているのかもしれません.

前置きが長くなりましたが,超シンプルな料理「キャベツの塩もみ」です.

レシピ:簡単ザワークラウト

ザワークラウトとはキャベツの酢漬け.ドイツ料理です.本来のレシピはこの辺とかこの辺とかを参照.漬物だけあって作るのが大変.昔作ったことがありますが,密閉ビンを煮沸消毒するあたりで既に疲れます.

そんなザワークラウトを簡単に作る方法を茨木市のカリスマシェフに教えて頂いたので,早速チャレンジ.