タグ「サッカー」が付けられているもの

4年に1回の定期イベントなので反省しときますか。

ワールドカップブラジル大会予想 - mixvox

グループリーグ予想

グループリーグを突破したのが太字は以下16ヶ国(太字が私の予想)。

ブラジル、メキシコ、オランダ、チリ、コロンビア、ギリシャ、コスタリカ、ウルグアイ、フランス、スイス、アルゼンチン、ナイジェリア、ドイツ、アメリカ

9/16。確率低い。前回大会も9/16だったので予想はなかなか難しいですね。グループAとHだけ完璧に当てました。

決勝トーナメント予想

んで決勝トーナメントですが、ブラジル・ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツの4強で、ブラジル・ドイツのファイナル、ドイツ優勝って感じで終わると思います。

ブラジル・アルゼンチン・ドイツと4強のうち3つ当てました。ドイツ優勝も。でもブラジル・ドイツのファイナルという組み合わせってそもそもきちんと組み分けを理解していない感じ。

やっぱりワールドカップは難しいですね。普通のアントラーズサポーターに戻ってJリーグ観戦だけを続けるべきなのでしょうか。まぁ2大会続けたことだし、4年後もブログを続けてたら予想しそうですが。

文字通り足跡。というか足型。

iwata_2002.JPG

JR磐田駅にありました。磐田って何度か行ったことがあるけど初めて気づきました。服部(右から3列目、上から2行目)が扁平足に見えるのがとても気になります。

2002年の日韓ワールドカップ、ベルギー戦での鈴木隆行の同点ゴールに涙しました。ロングフィードからのつま先を伸ばしたギリギリのシュート。私が生粋のアントラーズサポーターであることを差し引いても、あれほど美しいゴールは今まで観たことがありません。

あれから12年後のワールドカップ。初戦を落としたくらいで落ち込んではいられません。勇気を持って飛び込んだ鈴木隆行に力をもらって、いざ明日のギリシャ戦へ。

ワールドカップ開幕しちゃいました。若干出遅れた感がありますがグループリーグの予想をしてみたいと思います。なお4日前に書いたので既に予想と現実の乖離が見られます。なお前回大会の予想は以下。

http://mixvox.org/2010/06/04084144.html
http://mixvox.org/2010/07/01210542.html
http://mixvox.org/2010/07/14212325.html

参考サイト:
http://brazil2014.yahoo.co.jp/group/list

グループA.ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン

→ブラジル、メキシコ

個人的にクロアチアは好きなんで期待しているけど、ここはブラジルとメキシコ。5大会連続ベスト16のメキシコはGL突破するが突破しただけで終わるといういつもの感じだと思います。カメルーンはもういいだろ...

グループB.スペイン、オランダ、チリ、オーストラリア

→スペイン、オランダ

順当に強国2つを予想したが、南米の地の利を生かしたチリが意外と浮上。初戦がスペイン・オランダなのでここで勝ち点こぼした方が意外に落ちるかも。オーストラリアは草狩り場だろうな。

でもスペインって「優勝候補」と言われるとトーナメントでさくっと負けるイメージがある(適当)。

(追記)早速初戦やらかしたスペインはやばいかも。

グループC.コロンビア、ギリシャ、コートジボワール、日本

→コロンビア、日本

最もオープンなグループらしいがコロンビア最強は変わらない気がする。たとえファルカオいなくても。

日本にはもちろん期待しているが、初戦のコートジボワールから勝ち点とれないと苦しい。最後のテストマッチとなったザンビア戦みたいなバカ試合の末での勝つんじゃなかろうか。さらにはコロンビアが初戦でギリシャに2点差以上の大勝をして、2戦目に前がかりになったギリシャに勝って、3戦目は共に突破を確実にしたコロンビアとぬるい試合をが理想。でも予選突破をかけた試合をコロンビアとガチ殴り合いも観てみたい気がする。

ギリシャはCBが固そうなのでオール無得点無失点がありそうな気がする(前回のニュージーランド的な)。コートジボワールはアフリカ最強説があるけど、ちょっと見た感じガーナの方が強そう。

グループD.ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア

→イタリア、ウルグアイ

死の組。コスタリカに心底同情する。

まったく読めないけどイタリア、ウルグアイの順で。決勝トーナメントでイタリアと日本が対戦して欲しいので、イタリアの首位突破を期待。

グループB同様、初戦のイングランド・イタリアはいきなり山場で、ここで勝ち点取りこぼした方は苦しくなるか。一方のウルグアイはコスタリカ戦で大量得点でプレッシャーかけたいところか。

イングランドはちょっと若手が多すぎる気がするのでこける気がする。コスタリカよくわかんない。

E.スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス

→エクアドル、スイス

よくわかんないんだけど、リベリーがいなくなったフランスはまたやらかす気がする。他の3国によるフランス包囲網って感じがするし。

F.アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア

→アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ

よほどのことがない限りアルゼンチン余裕だと思われる。ボスニアとナイジェリアの2位争いはオシムさんに敬意を表してボスニア。ジェコが爆発しそうな予感。イランはたぶん無理だ。アーリアの招集が話題になるくらいだし。

G.ドイツ、ポルトガル、ガーナ、アメリカ

→ドイツ、ガーナ

グループDの次くらいに死の組。

普通に考えればドイツとポルトガル。しかしこの両チームは初戦で闘う。初戦に負けた方が...ってここまで書いてなんだが今回は初戦大物対決多いな。ここでドイツが勝ってポルトガルは落ちる?

ガーナは前々回ベスト16、前回ベスト8。あれ、ここも突破しそうな気がする。アメリカはドノヴァンいなくてデンプシーいるんだっけ。初出場の頃はすごいいいチームだった覚えがある。最近知らん。

H.ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国

→ベルギー、ロシア

グループCの次くらいにオープンなグループ?たぶんベルギーはそこそこ強いけど、次はどこ?ということで順当に考えると消去法でロシア。

んで決勝トーナメントですが、ブラジル・ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツの4強で、ブラジル・ドイツのファイナル、ドイツ優勝って感じで終わると思います。この辺りは適当。グループリーグが終わったらまた予想しようとかと思います。

鹿島アントラーズ2011シーズンを占う

久しぶりにサッカーの話題など.

私の身体の中にはアントラーズレッドの血が流れているのですが(それ普通),Jリーグ開幕を前に,今シーズンの鹿島アントラーズについて一言.まぁ最初の1冠は既に敗れてしまったのですが...

ゼロックススーパーカップ プレビュー(鹿島アントラーズ オフィシャルサイト)

今シーズン初観戦@テレビとなりました.両チームともACLを控えているので省エネ展開だったのは間違いないですが,それなりに楽しめました.まぁPK戦は正直楢崎がすごすぎた.

1試合を観た限りで,期待できそうなのは大迫.昨年末の天皇杯でもなかなかの活躍で,そこで経験したサイドでのプレーが生きているのかトップだけでなくサイドでもプレーの幅が広がっているのではないかと思います.今シーズン,ついに覚醒するのかと期待.

新戦力でいうとアレックスはオーバーラップのタイミングなど連携がまだまだという感じでしたが,攻撃では期待できそうですね.SBのレギュラーはどういうメンバーになるんだろう.左・新井場&右・西?左・アレックス&右・新井場?個人的には新井場の右ってなんとなくディフェンスが不安な気がするんですよね...それにしても宮崎は去年頑張ってたのに今年はベンチにも入れないかもしれない...

あとカルロン.初めて観たけど,大柄の割に足元でプレーするタイプなんでしょうか.あまりフィットしてなくて心配...ポルトガルリーグで相当鳴らした選手なのは分かりますが,フィットするのに時間がかかるようだと...ハズレ助っ人ではないことを祈ります.そういえば最近のアントラーズはあまりハズレ外国人いなかったよね.

そして,最大の問題である黄金世代からの若返りについて,オリヴェイラ監督の気になる談話.

ゼロックス杯後 オリヴェイラ監督(鹿島アントラーズ)会見

小笠原にはひざの痛みがあった。本人からの要望だった。中田をボランチとしては考えていない。センターバックとして使っていく考えだ。彼の器用さや、元のポジションという部分もあるが、必要に応じていろいろな変化をもたらすことができる選手なので、うまく使えればと思う。あの(小笠原の交代の)タイミングでは、増田も呼んで2人同時に変えようと思ったが、(増田が小笠原のポジションを)できないということで、中田を小笠原の位置に入れた。いきなりその時点で守備の選手を代えてポジションをずらすよりも、確実なことをすべきだと思った。リードされた状況であったし、積極性が薄れてしまうことも懸念されたので、そういう交代をした。小笠原のポジションは、今後も状態が良ければ増田を使うことができればと考えている。

誓志...「できない」かよ...orz しかし,それでもオリヴェイラから期待されていることは分かる.ゲームを作るボランチ的存在って,小笠原以外では誓志でなければ新人の柴崎ですよね.柴崎がいつメンバーに入ることができるか分からないけど,誓志にとってはかなりチャンスじゃないでしょうか.山形から戻ってきた意地を見せてほしいところです.

あと中田浩二はゼロックススーパーカップでDF登録だったように,基本はCBという構想のようですね.CBの控えがいてまずは安心ですが,岩政先生も伊野波も海外移籍の噂があるし,もう1枚ほしいところです.となると青木がCBに回るか,新人・昌子...?(アントラーズのDF陣は特にフィジカル鍛えてから,という印象がありますが)

ということでまとめると,

・カルロンがフィットするか
・大迫の覚醒か,田代の復活か,FW陣の序列
・高齢化した中盤をどう世代交代するか
・CBの層をどう厚くするか
・増田誓志,がんばれ!

今のところこういう心境で新シーズンの鹿島アントラーズを応援したいと思います.

サッカー・スイスリーグ バーゼル所属の中田浩二が鹿島アントラーズに7月復帰で合意だそうです.バーゼル中田浩二が鹿島アントラーズ復帰を宣言?という記事を書きましたが,本当に実現するようです.

バーゼル・中田浩二、7月にも鹿島に復帰!両クラブが合意(SANSPO.COM)

「正式契約は日本に戻ってきてから。いろいろ(移籍の)話もあったみたいだけど、全部断ったみたい。鹿島でやりたいということだった」と鈴木満強化部長は説明した。ブンデスリーガや、複数のJクラブも獲得に興味を示していたが、中田浩が選んだのは、古巣だった。

鹿島アントラーズ 1-2 浦和レッズ

アントラーズ終戦.しかし,すごい攻防でしたね.

どちらも中盤でチャンスを作った訳ですが,結果として2得点とも小野の上手さにやられました.1点目のダイレクトでのミドルシュート何よ?小野はスピードもないしピークも過ぎていると思うのですが,こういうところはさすがですね.調子を上げてきたので,決勝が面白そうですね.

鹿島アントラーズ・本田泰人が引退

以前戦力外通告のニュースをお届けしましたが,本田が引退するそうです.

"鹿島の鉄人"本田が引退「他のユニホーム姿は想像できない」(サンスポ)

「退くことに決めた。アントラーズ以外のユニホームを着ている姿が想像できないしね。家族を不安にさせるわけにもいかないから決断した」

鹿島アントラーズ・本田泰人

広島カープ・黒田選手ついでに鹿島アントラーズ・本田泰人選手の話.

私はJリーグ設立以前からの鹿島アントラーズ(旧・住友金属鹿島)の大ファンで,中でも本田泰人選手が大好きです.

166cmと小柄ながら絶対に相手から離れないマンマーク,強烈なミドルシュート,昔から比べると正確になったミドルパス...今や「いぶし銀」と呼ばれる年齢になりましたが,彼はアントラーズの精神的主柱です.しかし,サッカー以外にも彼に素晴らしい点が.