タグ「スペイン」が付けられているもの

世界一予約の取りにくいと言われるバルセロナのレストラン「エル・ブジ」。そのオーナーシェフであるフェラン・アドリアが監修したイネディットというビールがあります。詳しくはこちら。

スペインのビール「イネディット」がシャンパンのように美味い - NAVER まとめ

先日、懇意にしているスペイン料理屋でこれを飲む機会がありましたので簡単に紹介したいと思います。お店での価格は500mlで1,500円くらいだったでしょうか。Amazonで調べると750ml瓶で1,000円を切るくらいのようです。

inedit1.JPG

イネディットのロゴ。

inedit2.JPG

アルコール度数は5%。オレンジピールなどが入っているため麦芽比率が低く、日本では発泡酒扱いとなります。後で調べたら麦が比率86%とのこと。

inedit3.JPG

注いでみた(普通のグラス)。

さてお味ですが、いわゆるスペインのホワイトビールをよりフルーティーにした感じです。確かにシャンパンらしいといえばシャンパンらしい。食事に合いやすいといえば合いやすい。これを頂いたスペイン料理屋ではトリッパの煮込みと合わせるのを推奨していたでしょうか。

しかし無個性といえば無個性。私はビールではエビスやプレミアムモルツのような麦の濃い味のビールを好むせいか、正直物足りなく感じました。決してマズい訳ではないですが、価格的にもこれならワイン頼むかな...というのが本音です。

とはいえ、せっかく高級ビールを飲んだのでメモ代わりにエントリー。

6本セット INEDIT(イネディット) 750ml 【発泡酒】
イネディット
売り上げランキング: 4,139

かねてから懇意にしている烏丸五条のスペインバルSantres《サントレス》で、スペイン生ビール祭を開催しています。普段は国産ビールのみ置いているのですが、イベントとして実験的に。期間は2012/09/21-23。ということで早速飲んできましたよ。

京都初上陸のアンバー!こちらはスペシャルというアルコール度数5%のラガービール。500円。国産ラガーに近いイメージですね。しかし苦味は少ないのに味は濃い。食中酒として万能ではないでしょうか。

こちらはアンバーエクスポート。アルコール度数7%の熟成型で550円。色とグラスから分かるように濃いめ味です。美味い!これが本当の「コクがあるのにキレがある」です。後口スッキリなのでこれも食事に合いますね。

好みとしては断然エクスポート!ベルギービールが好きなので、その雰囲気で飲めるのが嬉しいです。お試しだから500円台で飲めますが、レギュラー化したらもっとコストかかるはず...いや、もっと高くても飲みたい!

ということでレギュラー化するように皆さん足を運んでみてください。という応援エントリーを店内からお届けしましたw ビールうめぇぇ!

スパイシーなマグロの串焼きと一緒にどうぞ!

サントレスSantresオフィシャルブログ 烏丸五条スペインバル 電話 075-351-2133

※2012/09/21現在のイベントでの表記であり、価格変動やメニューからなくなる可能性があります。

祇園祭の宵々山、いかがお過ごしでしょうか。mixvoxです!

さて本日ご紹介するのはサルモレホという料理。南スペインのトマトの冷製スープです。パンと一緒に頂きます。

サルモレホ

実に濃厚なスープ。どろっとしていて、まさに食べるスープ。パン(バゲット)につけながら食べる感じでしょうか。同じスペイン料理でもアヒージョに近い感じですね。

食べてるときは気にならなかったけど、食べ終わった後に汗がにじむ!ほんのり唐辛子&にんにくなんですかね。

実に食が進む。食欲減衰の夏、この冷静スープとパンと白ワインでいいんじゃないですかね?なお、料理は烏丸五条のスペイン料理・Santres(サントレス)で頂きました!いつもありがとうございます。

ごちそうさまでした!

家庭で作れるスペイン料理---パエリャ、タパスから地方料理まで
丸山 久美
河出書房新社
売り上げランキング: 116277

最近スペイン料理に傾倒しているワタクシ,お店で食べたものを再現するだけで飽き足らずにレシピ本を買ってしまいました.

タパス―みんなでつまむスペインの喜び
タパス―みんなでつまむスペインの喜び

1997年と古い本ですが,2009年に第7刷と売れてるし,本屋で見た中ではこれが一番よかった.写真が美味しそうだから.美味しそうに見えるというのはレシピ本を買う上で重要なポイントですよね.著者のお店は以下.

スペインBar&レストラン"サン・イシドロ"