4年に1回の定期イベントなので反省しときますか。

ワールドカップブラジル大会予想 - mixvox

グループリーグ予想

グループリーグを突破したのが太字は以下16ヶ国(太字が私の予想)。

ブラジル、メキシコ、オランダ、チリ、コロンビア、ギリシャ、コスタリカ、ウルグアイ、フランス、スイス、アルゼンチン、ナイジェリア、ドイツ、アメリカ

9/16。確率低い。前回大会も9/16だったので予想はなかなか難しいですね。グループAとHだけ完璧に当てました。

決勝トーナメント予想

んで決勝トーナメントですが、ブラジル・ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツの4強で、ブラジル・ドイツのファイナル、ドイツ優勝って感じで終わると思います。

ブラジル・アルゼンチン・ドイツと4強のうち3つ当てました。ドイツ優勝も。でもブラジル・ドイツのファイナルという組み合わせってそもそもきちんと組み分けを理解していない感じ。

やっぱりワールドカップは難しいですね。普通のアントラーズサポーターに戻ってJリーグ観戦だけを続けるべきなのでしょうか。まぁ2大会続けたことだし、4年後もブログを続けてたら予想しそうですが。

グルメマンガは好きですが、最近のブームには少々辟易していました。が、そんなタイミングに現れたこの本はつい買ってしまいました。魚田南『はらへりあらたの京都めし (Feelコミックス)』。


本書の何がすごいって、京都をターゲットとしながら観光客をまったく相手にしていないところです。よそさん向けの和食なんてなし。観光本に載るような店は出町ふたばの豆大福くらいではないでしょうか。他は京都の地元民が行く店ばかりという印象です。半分くらい知っている店(とは行ったことあるのは1/3くらい?)。1話目からして知ってる店で呼んでて驚きました。チョイスが実に素晴らしい。

まーぶっちゃけ、観光の方がこれを読んでもグルメの参考にはならないんじゃないでしょうか(適当)。肌感覚ではありますが、地元民からの評価はとても高いです。他は知らない。

ということで、本書の地元密着ぶりに感動いたしましたので聖地巡礼をしてみたいと思います。聖地巡礼といっても市内が中心なので行きやすくていいですね!

聖地巡礼の結果は行く都度に記事をアップデートしていきますのでよろしくお願いします。

26歳になりましたって言ったら

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妻に「嘘つきはおっさんの始まり」などと暴言を吐かれました。なんでや!10進数とは限らんやろ!

ということで新たな1年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。リニューアルしたことだし今年はもっとブログ更新する(毎度言ってる)。

七條甘春堂の和菓子作り体験に行ってきた!

京都生活も早十数年。これまで「体験」的なイベントはまったくの未経験でしたが、先日贈り物として体験型ギフト券をいただき、悩んだ末に京都で和菓子作り体験に行ってみることにしました。場所は京菓匠の老舗・七條甘春堂。

京菓匠 七條甘春堂 | 和菓子体験教室について

wagashi_experience0.JPG

初めての和菓子体験はどうだったか。詳細は以下のリンクから。

Bloggerに移行しかけたやめた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

GoogleのブログサービスBloggerに移行しかけてやっぱりやめました。やめるのやめた理由は主に以下。

  • レンタルサーバーの更新時期が来たから。
  • 慣れや過去の遺産もあり、MovableTypeの使い勝手の良さが忘れられなかったから。
  • iPhoneから更新できなかったから(探せばアプリあるのかな...快適なものが見つからなかった)。
  • 読書会ブログを再び共同で更新しようと言われたから。
  • 試しにMovableTypeを最新バージョンに更新したら、意外と使い勝手がよくテンプレートもそれなり使えそうだから。

それでもセキュリティ上の不安はあるので今後も悩ましいところですが、セキュリティレベルは自分のできる範囲で確かめながら維持したいと思っています。

なお今後は、京都の美味しいものとか観光写真とかゆるめのテーマで更新をしたいと思います。要するに個人の日記。日記の読者は数年後の自分というモットーに基づいて更新したいと思います。今後ともよろしくお願いします。

世界一予約の取りにくいと言われるバルセロナのレストラン「エル・ブジ」。そのオーナーシェフであるフェラン・アドリアが監修したイネディットというビールがあります。詳しくはこちら。

スペインのビール「イネディット」がシャンパンのように美味い - NAVER まとめ

先日、懇意にしているスペイン料理屋でこれを飲む機会がありましたので簡単に紹介したいと思います。お店での価格は500mlで1,500円くらいだったでしょうか。Amazonで調べると750ml瓶で1,000円を切るくらいのようです。

inedit1.JPG

イネディットのロゴ。

inedit2.JPG

アルコール度数は5%。オレンジピールなどが入っているため麦芽比率が低く、日本では発泡酒扱いとなります。後で調べたら麦が比率86%とのこと。

inedit3.JPG

注いでみた(普通のグラス)。

さてお味ですが、いわゆるスペインのホワイトビールをよりフルーティーにした感じです。確かにシャンパンらしいといえばシャンパンらしい。食事に合いやすいといえば合いやすい。これを頂いたスペイン料理屋ではトリッパの煮込みと合わせるのを推奨していたでしょうか。

しかし無個性といえば無個性。私はビールではエビスやプレミアムモルツのような麦の濃い味のビールを好むせいか、正直物足りなく感じました。決してマズい訳ではないですが、価格的にもこれならワイン頼むかな...というのが本音です。

とはいえ、せっかく高級ビールを飲んだのでメモ代わりにエントリー。

6本セット INEDIT(イネディット) 750ml 【発泡酒】
イネディット
売り上げランキング: 4,139

先日こんな記事を書きましたら意外とアクセスを集めています。

サッポロ&ローソンの「贅沢果汁のお酒 グレープフルーツ」がフルーティーすぎて美味い

その後も飲み続けているのですが、先日ローソンのアルコール飲料棚を覗いていたら他社のグレープフルーツ系チューハイも気になりました。ということで比較してみました。厳密にはチューハイでないものも含みますが細けえこたぁいいんだよ。

grapefruits2014_1.JPG

サントリー「GREEN STYLE」

こちらもローソンとのコラボ商品のようです。アルコール度数4%、果汁は不明。

grapefruits2014_2.JPG

色は薄め。グレープフルーツを発酵させて作っているそうです。甘くなくて食事に合わせやすい感じでしょうか。

キリン ビターズ ほろにがグレープフルーツチューハイ

アルコール度数8%。果汁2.4%。ついでに糖類ゼロ。

grapefruits2014_3.JPG

高いアルコール度数もさることながら、ハーブが効いており、確かにほろにが。カクテルっぽいですね。

サッポロ 贅沢果汁のお酒 グレープフルーツ

紹介済みのローソンとサッポロのコラボ。アルコール度数4%で果汁90%超。

grapefruits2014_4.JPG

他2社と比べると圧倒的に色が濃い!

シーンや好みはありますが、個人的にはサッポロのものを初めて飲んだときの衝撃が忘れられません。まんまグレープフルーツ果汁!たのむからサッポロさんはこれを通販で買えるようにしてほしいです。

文字通り足跡。というか足型。

iwata_2002.JPG

JR磐田駅にありました。磐田って何度か行ったことがあるけど初めて気づきました。服部(右から3列目、上から2行目)が扁平足に見えるのがとても気になります。

2002年の日韓ワールドカップ、ベルギー戦での鈴木隆行の同点ゴールに涙しました。ロングフィードからのつま先を伸ばしたギリギリのシュート。私が生粋のアントラーズサポーターであることを差し引いても、あれほど美しいゴールは今まで観たことがありません。

あれから12年後のワールドカップ。初戦を落としたくらいで落ち込んではいられません。勇気を持って飛び込んだ鈴木隆行に力をもらって、いざ明日のギリシャ戦へ。

ワールドカップ開幕しちゃいました。若干出遅れた感がありますがグループリーグの予想をしてみたいと思います。なお4日前に書いたので既に予想と現実の乖離が見られます。なお前回大会の予想は以下。

http://mixvox.org/2010/06/04084144.html
http://mixvox.org/2010/07/01210542.html
http://mixvox.org/2010/07/14212325.html

参考サイト:
http://brazil2014.yahoo.co.jp/group/list

グループA.ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン

→ブラジル、メキシコ

個人的にクロアチアは好きなんで期待しているけど、ここはブラジルとメキシコ。5大会連続ベスト16のメキシコはGL突破するが突破しただけで終わるといういつもの感じだと思います。カメルーンはもういいだろ...

グループB.スペイン、オランダ、チリ、オーストラリア

→スペイン、オランダ

順当に強国2つを予想したが、南米の地の利を生かしたチリが意外と浮上。初戦がスペイン・オランダなのでここで勝ち点こぼした方が意外に落ちるかも。オーストラリアは草狩り場だろうな。

でもスペインって「優勝候補」と言われるとトーナメントでさくっと負けるイメージがある(適当)。

(追記)早速初戦やらかしたスペインはやばいかも。

グループC.コロンビア、ギリシャ、コートジボワール、日本

→コロンビア、日本

最もオープンなグループらしいがコロンビア最強は変わらない気がする。たとえファルカオいなくても。

日本にはもちろん期待しているが、初戦のコートジボワールから勝ち点とれないと苦しい。最後のテストマッチとなったザンビア戦みたいなバカ試合の末での勝つんじゃなかろうか。さらにはコロンビアが初戦でギリシャに2点差以上の大勝をして、2戦目に前がかりになったギリシャに勝って、3戦目は共に突破を確実にしたコロンビアとぬるい試合をが理想。でも予選突破をかけた試合をコロンビアとガチ殴り合いも観てみたい気がする。

ギリシャはCBが固そうなのでオール無得点無失点がありそうな気がする(前回のニュージーランド的な)。コートジボワールはアフリカ最強説があるけど、ちょっと見た感じガーナの方が強そう。

グループD.ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア

→イタリア、ウルグアイ

死の組。コスタリカに心底同情する。

まったく読めないけどイタリア、ウルグアイの順で。決勝トーナメントでイタリアと日本が対戦して欲しいので、イタリアの首位突破を期待。

グループB同様、初戦のイングランド・イタリアはいきなり山場で、ここで勝ち点取りこぼした方は苦しくなるか。一方のウルグアイはコスタリカ戦で大量得点でプレッシャーかけたいところか。

イングランドはちょっと若手が多すぎる気がするのでこける気がする。コスタリカよくわかんない。

E.スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス

→エクアドル、スイス

よくわかんないんだけど、リベリーがいなくなったフランスはまたやらかす気がする。他の3国によるフランス包囲網って感じがするし。

F.アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア

→アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ

よほどのことがない限りアルゼンチン余裕だと思われる。ボスニアとナイジェリアの2位争いはオシムさんに敬意を表してボスニア。ジェコが爆発しそうな予感。イランはたぶん無理だ。アーリアの招集が話題になるくらいだし。

G.ドイツ、ポルトガル、ガーナ、アメリカ

→ドイツ、ガーナ

グループDの次くらいに死の組。

普通に考えればドイツとポルトガル。しかしこの両チームは初戦で闘う。初戦に負けた方が...ってここまで書いてなんだが今回は初戦大物対決多いな。ここでドイツが勝ってポルトガルは落ちる?

ガーナは前々回ベスト16、前回ベスト8。あれ、ここも突破しそうな気がする。アメリカはドノヴァンいなくてデンプシーいるんだっけ。初出場の頃はすごいいいチームだった覚えがある。最近知らん。

H.ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国

→ベルギー、ロシア

グループCの次くらいにオープンなグループ?たぶんベルギーはそこそこ強いけど、次はどこ?ということで順当に考えると消去法でロシア。

んで決勝トーナメントですが、ブラジル・ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツの4強で、ブラジル・ドイツのファイナル、ドイツ優勝って感じで終わると思います。この辺りは適当。グループリーグが終わったらまた予想しようとかと思います。