今年45歳を迎えてなお現役のフットボール選手・カズこと三浦知良さんの昨年の著書が『やめないよ』.日経新聞朝刊の連載をまとめただけに,かなり売れたようですね.

現役選手だからこその視点で解説するサッカーの話が実に興味深いですね.たとえば低調で谷間の世代と呼ばれた北京五輪代表についても,内田篤人・長友佑都・本田圭佑が印象に残っていると.その後3人とも海外で大活躍していることを考えると,プロの眼は本当に慧眼だと驚かされます.

サッカーの話だけでなく,一般のビジネスマンにも教訓を与えてくれるのが本書であり,さすがカズというところ.「他人のせいにするな」「人生に偶然はない」などと耳に痛いお言葉も.中でも一番響いた言葉は「1センチでいいから前へ進むんだ」という節より.

「考えるだけで止まっている人間はたくさんいる.お前もそうだ.考え,悩め.でも前に出ろ」(P.245)
学ばない者は人のせいにする.学びつつある者は自分のせいにする.学ぶということ」を知っている者は誰のせいにもしない.僕は学び続ける人間でいたい.(P.245)

共にピッチを駆けるメンバーも,時にはコーチングスタッフでさえ自分より歳下になるかもしれないカズさんのこの謙虚さが,長くトッププレイヤーでいる秘訣なのでしょうか.ビジネス書として流行っているからといって会社の上司にはあまり言われたくない言葉かもしれませんが,カズさんの言うことだったらなんか説得力あります(身勝手).

さて,本書でカズは自分の引退時期についても軽く言及しています.

みんなは,サッカー選手は試合だけをやっていると思っているかもしれないけれど,実は練習を毎日やることこそが大変なのだ.しかも高いモチベーションを持って,若い選手に負けないタイムで走るとなればなおさらだ.逆に言えば,それができなくなったときが,やめるときなのかもしれない.そう,僕がやめるとすれば,まさに「そのタイミング」しかないのだと思う.(P.5)

まだまだやめなさそう…今年は西京極にカズを観に行こうかな…

2012年も当blog&京都読書会をよろしくお願いします

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

あけましておめでとうございます.中の人・@mixvoxです.公私ともに忙しくエントリーがめっきり減っていますが,2012年はもう少し頑張ってblog更新したいと思います.

当blogで主催する京都読書会は2011年も開催し,2012年も継続する見込みです.新しい人や本との出会いは嬉しい限りですね.そういえば昨年はPHPスペシャルにも取材頂きました.

PHPスペシャル(PHP研究所)2011年10月号に掲載されました

2012年も素敵な出会いがあることを期待したいと思います.さて引越しのために本を整理しなくては.

年末になりようやく身辺が落ち着いてきたので,本の整理を兼ねてblog更新.

以前読書会でも取り上げた齋藤智裕『KAGEROU』について今更エントリー.しかし,こんなミーハーな課題本を挙げる読書会ってウチくらいだろうなーw

水嶋ヒロが小説を出すと聞いて驚きはしましたが,仮面ライダー好きである私自身はこの俳優をわりかし好いており,基本的には好意的な視点で本書を読んでおります.正直,結構ハードルを下げており,その視点からすると「意外とちゃんと形になっている」「意外と面白かった」というのが正直な感想です.

もちろんストーリーの緻密さ,語彙といった点には難があります.題材もよくある話というか古典的だし,『笑うせぇるすまん』っぽいし.それでも映画の原作と考えれば十分ではないでしょうか.水嶋ヒロ自身,映画に関心を示していたし.

…って比較的温厚な評価をしたら読書会で叩かれたけどね…

さて,仮面ライダーカブトこと天道総司こと水嶋ヒロこと齋藤智裕先生(長い!)は,2作目を執筆する予定はあるのでしょうか?読書会ではこの作家の将来についても語りましたけど,その後の噂をまったく聞きませんね…今後も執筆を続けるのであれば,どうして一作目に40代の男の悲哀を描こうとしたのか訊いてみたいところです.だいたいどの作家も若手時代には自らの若さを投影した作品を書きますよね.『太陽の季節』とか(例えが古い).

なんやかんやで2作目が出たら,それはそれで読んでしまいそうな時点でポプラ社の戦略に負けた気がします.ブロガー的にもネタになりそうなので,気楽に待ちましょうか.あ,映画化の方もお待ちしています.主題歌はもちろん奥様で.

First Message

第19回京都読書会開催案内(2012/01/21)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近blogが更新できていないな…年末年始こそがんばります。

ということで,月例読書会のご案内です。

日時

2012年1月21日(土) 15:00-(会場の都合により1時間程度前後する可能性があります)

場所

京都市中心部(参加者には個別に通知します)

テーマ

三浦しをん『風が強く吹いている』.

むう…文庫版も出ているけど単行本の表紙はやはりかっこいいな…

テーマが決まった経緯

1月は駅伝シーズンだからに決まってるじゃないですか。1/2-3の箱根駅伝を観ましょうよ。そして本書を読んで泣きましょう。

参加にあたっての宿題

【必須】

  • 三浦しをん『風が強く吹いている』を読み,どこがどう面白かったか,感想を言えるようにする。
  • 1/2-3に開催される箱根駅伝を可能な限りTV視聴する。

【任意】

  • Twitterなどのアカウントを持っている人は箱根駅伝を観ながら実況し,楽しむw
  • 今,自分なりのオススメの本を持参し,その面白さをプレゼンする.ただし1人2冊まで.貸出歓迎.
  • 次回のテーマにしたい1冊を考えておいてくれると助かるかも.

参加費用

原則お茶代程度の予定です.

なお,後述の懇親会の参加者は別途費用(3,000 - 5,000円くらい)が必要となります.

当日のスケジュール(案)

読書会・本篇

当日のスケジュールは以下を予定しています.

15:00- 自己紹介
15:30- テーマ本の感想トーク
17:30- 各自のオススメ&読書タイム
18:00- 終了予定

2次会:びあらぶ(有志)

18時頃から有志で飲みに行きます.2時間程度で,参加費用は飲んだだけ食べただけ(過去の実績で3,000-5,000円程度).行く店は決めていないので,何か食べたいものがあればどうぞ.

なお,よりディープに語りたい方のために3次会をご用意するかもしれません.これはたぶんバーですね.

定員

10名(予定)

参加希望の方は

私こと@mixvoxまで何がしかの方法でご連絡ください。その際には,2次会の参加有無を合わせてご連絡ください.また,今回から読書会連絡用にGoogleグループを作成していますので,そちらに参加の上ご連絡でも結構です.

締切は1週間前.なお,応募多数によりご期待に添えない場合があることをご了承ください。というか既に定員に達する見込み.


以上,よろしくお願いします.

第18回京都読書会&忘年会開催案内(2011/12/10)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

毎月恒例の京都読書会,12月は忘年会を兼ねて開催します.

日時

2011年12月10日(土) 15:00頃開始(会場の都合により1時間程度前後する可能性があります)

場所

京都市中心部(参加者には個別に通知します)

テーマ

2011年最後のお題はマンガ!久保ミツロウ『モテキ』.

テーマが決まった経緯

女性陣の間でいつのまにか決まっていました…クリスマスも近いし恋愛ネタもいいよねーと思って調べたら,昨年の12月も恋愛本がお題でした.季節感ありますね.

『モテキ』はちょうど映画もやっていることだし,タイミングとしても面白そうです.女子力高い会になりそうですね…

参加にあたっての宿題

【必須】

  • 久保ミツロウ『モテキ』全4巻+1(4.5巻)を読み,どこがどう面白かったか,感想を言えるようにする。

【任意】

  • 『モテキ』ドラマ版をDVDで観てくる.
  • 現在上映中の『モテキ』映画版を劇場で観てくる(12月初旬までっぽいので急いで!).
  • 今,自分なりのオススメの本を持参し,その面白さをプレゼンする.ただし1人2冊まで.貸出歓迎.
  • 次回のテーマにしたい1冊を考えておいてくれると助かるかも.

モテキDVD-BOX (5枚組)
モテキDVD-BOX (5枚組)

参加費用

原則お茶代程度の予定です.

なお,後述の忘年会の参加者は別途費用(5,000円くらい?)が必要となります.

当日のスケジュール(案)

読書会・本篇

当日のスケジュールは以下を予定しています.

15:00- 自己紹介
15:30- テーマ本の感想トーク
17:00- 各自のオススメ&読書タイム
18:00- 終了予定

2次会:忘年会

18時頃から有志で忘年会を行ないます.今回は鶏料理(鶏すき)を予定しています.費用はだいたい5,000円くらいまで.忘年会シーズンなので参加の方はお早めに連絡を頂けると嬉しいです.

なお,よりディープに語りたい方のために3次会をご用意するかもしれません.これはたぶんバーですね.

定員

12名(予定)

参加希望の方は

私こと@mixvoxまで何がしかの方法でご連絡ください。その際には,2次会の参加有無を合わせてご連絡ください.また,今回から読書会連絡用にGoogleグループを作成していますので,そちらに参加の上ご連絡でも結構です.

締切は1週間前の12/4(日).なお,応募多数によりご期待に添えない場合があることをご了承ください。というか既に定員に達する見込み.


以上,よろしくお願いします.

うっかり書評を書き忘れていましたが,最新巻が発売されたことをきっかけに西炯子の最新作『姉の結婚』の感想をば.

「結婚とか恋愛とかは,もういいや…」と東京を去り,郷里で一人「プチ老後」を選択したアラフォーの岩谷ヨリ.彼女の前に突然現れた妹のルイ子は,そんな姉を心配している.そんなヨリをストーキングする超イケメンな医師・真木誠が現れ,何やらややこしい関係に…

アラフォーの恋愛や結婚を描くというのが本作.1巻の背表紙には「オトナの男女のための不器用系恋愛バイブル」とのアオリ.

  • モデルと見紛うイケメン医師・真木はヨリの中学時代の同級生
  • しかしホワイトポークと仇名されるデブ&いじめられっ子(当時から真木はヨリを慕っていた)
  • 真木は妻帯者で,しかも妻はヨリそっくり

つまるところ不倫という泥沼が待っている訳です.恋愛バイブルが不倫ってどうよ?というツッコミを入れたいところですが,アラフォーとなると男女それぞれ結婚はもちろん,立場や過去の経験などのしがらみが発生してきます.なのでこれはこれでテーマとしてはいいのかも.

1巻では真木の変人&強引ぶりに戸惑っていたヨリが,2巻では大人の付き合いとして割り切るシーンが見られます.また,真木が妻とうまくいっておらず,妻に別の想い人がいるのを承知の上で結婚したことも明らかに.

はたして,その割り切った関係がどうなるのか,ヨリの過去に何があったのか気になるところです.『娚の一生』同様,王子様と婚外恋愛が前提となっており,このあたりは好みが分かれるところかもしれません.面白いと思うけれど,アラフォー男性として共感できるかというと微妙です.ファンタジーとして読んで面白い作品です.

作者は相変わらず女性をかわいらしく書くのが上手く,一方で嫌味なく色気を含ませるのもまたお見事.また,登場人物以上に,ヨリの郷里(おそらくモデルは長崎県)の坂道や島といった風景が美しい.表紙の階段も作中人物の年齢を暗喩しているようでいいですね.

タイトルが『姉の結婚』であるからには,戸籍上なり精神的なりの「結婚」という決着が待っているのか…続きまだかなぁ.

9月読書会オススメ本,気合入れて書いたけど,一言コメント程度ならAmazonインスタントストアでもできるんですね.今後はAmazonインスタントストアへのリンクで勘弁してもらおう.

京都読書会が今オススメする17冊(2011年9月版)

京都読書会 by mixvox.org - Amazon支店 - 第15回オススメ

オススメ頂いた中では,伊藤理佐&山本文緒『ひとり上手な結婚』はマジでオススメ.これは結婚を考えている人には是非読んでほしい.特にある程度年齢を経た人や,自分は一人で過ごすのが好きという人.納得することが多い.

京都読書会が今オススメする11冊(2011年10月版)

京都読書会 by mixvox.org - Amazon支店 - 第16回オススメ

潜水艦関連面白そうだな…しかしお題がジュール・ヴェルヌだけにSFオススメです!


よし,この紹介形式は書くのが楽だw

第16回京都読書会 by mixvox.org開催報告(2011/10/29)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

恒例の京都読書会の開催報告です.

  • 開催日時:10/29(土) 15:00-17:30
  • 場所:
  • 参加者数:7名

mixvoxoff_20111029.jpg

今回は地下鉄烏丸線鞍馬口駅近くにある焼鳥屋・竹とりNEOさんのご好意により,オープン前の座敷を貸して頂きました.ありがとうございます.

今回のお題は,空想科学小説やSFの父と言われるジュール・ヴェルヌ『海底二万里』.各社から出ていますが,岩波文庫や集英社文庫を求めた人が多かったですね.岩波は原著と同じイラストで雰囲気が出ていてよかったです.一方,私が読んだ集英社文庫はヤングジャンプで『華麗なる食卓』を連載中の漫画家・ふなつ一輝による表紙でした.

はたして参加者の皆さんは本書にどんな感想を抱いたのでしょうか.詳細は以下から.

第17回京都読書会開催案内(2011/11/23)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

毎月恒例の京都読書会,土曜が常ですが今回は祝日に行ないます.

日時

2011年11月23日(水・祝) 14:00-(会場の都合により1時間程度前後する可能性があります)

場所

京都市中心部(参加者には個別に通知します)

テーマ

満を持しての東野圭吾.タイトルは『レイクサイド』.

テーマが決まった経緯

えーと,これを決めたの珍しく私(@mixvox).東野圭吾さんを一度やってみたいと願い続けてきたのですが,満を持しての登場です.

東野圭吾だったら『容疑者Xの献身』とか『秘密』が人気だし傑作じゃね?という声があるのは承知.これらは映画で観たことある人いるから除外しました.あるいは『手紙』『さまよう刃』も考えましたが,議論は二元論になっちゃいそうですし.先日映画化された『夜明けの街で』は男性陣が糾弾されて終わるし.

ということで,東野圭吾作品の中でもベストに選ぶ人はあまりいないであろう『レイクサイド』がお題となりました.お受験をお題にしたミステリー.2時間くらいで読めるし,レギュラー参加者の中に塾講師がいるし議論が盛り上がることを期待.

なお盛り上がったら,いつか『白夜行』をやることをここに明言しておきます(キリッ

参加にあたっての宿題

【必須】

  • 東野圭吾『レイクサイド』を読み,どこがどう面白かったか,感想を言えるようにする。

【任意】

  • 今,自分なりのオススメの本を持参し,その面白さをプレゼンする.ただし1人2冊まで.貸出歓迎.
  • 次回のテーマにしたい1冊を考えておいてくれると助かるかも.

参加費用

今回は会議室を借りる予定です.といっても費用は2,000円くらいなので,数人参加すれば1人当たりお茶代程度の見込みです.

なお.後述の懇親会の参加者は別途費用(3,000 - 5,000円くらい)が必要。

当日のスケジュール(案)

読書会・本篇

当日のスケジュールは以下を予定しています.

14:00- 自己紹介
14:30- テーマ本の感想トーク
16:30- 各自のオススメ&読書タイム
17:00- 終了予定

2次会:びあらぶ(有志)

17時頃から有志で飲みに行きます.2時間程度で,参加費用は飲んだだけ食べただけ(過去の実績で3,000-5,000円程度).行く店は決めていないので,何か食べたいものがあればどうぞ.

なお,よりディープに語りたい方のために3次会をご用意するかもしれません.これはたぶんバーですね.

定員

10名(予定)

参加希望の方は

私こと@mixvoxまで何がしかの方法でご連絡ください。その際には,2次会の参加有無を合わせてご連絡ください.また,今回から読書会連絡用にGoogleグループを作成していますので,そちらに参加の上ご連絡でも結構です.

締切は1週間前.なお,応募多数によりご期待に添えない場合があることをご了承ください。というか既に定員に達する見込み.


以上,よろしくお願いします.

第15回京都読書会 by mixvox.org開催報告(2011/9/23)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

恒例の京都読書会,開催報告が遅れましたが先月分です.

  • 開催日時:9/23(金・祝) 15:00-17:00
  • 場所:BELLOTA
  • 参加者数:8名

mixvoxoff_20110923_1.jpg

お前はスペイン料理以外店を知らんのか!と言われそうですが,先月に引き続き河原町仏光寺のスペインバル・BELLOTA(ベジョータ)さんにご協力頂きました.いつもありがとうございます.

今回のお題は京都らしく森見登美彦『四畳半神話大系』.実に綺麗な装丁ですね.

ジャンルで言えばSF,パラレルワールドものの本作.はたして参加者の皆さんはどんな感想を抱いたのでしょうか.詳細は以下から.